ブラダイル業界の仕事

ブライダル業界で働きたい!どんなお仕事があるの?

ブライダル業界の仕事内容は?

ブライダル業界のなかで代表する職種といえば、ウエディングプランナーではないでしょうか。 ブライダルプロデューサーとも言われ、カップルの希望に沿って企画立案しマネジメントから提供まで行います。 大変重大な責任を負う立場で、リーダー的な立場で結婚式を成功させるために尽力することを求められます。

ウエディングプランナーが人気

ブライダル業界のお仕事は、事前の打ち合わせや準備から、当日の結婚式場のセッティング、進行など全てをサポートする仕事です。
幸せの象徴である結婚式を最高の思い出として演出したいですよね。
華やかでやりがいがありそうな仕事です。
しかし実際に応募する前にブライダル業界でについて調べてみましょう。
挙式と披露宴のあり方は、その時々の景気に左右されます。
バブル期にはハデ婚がブームになり、バブル崩壊後は、地味婚へと志向が変わりました。
最近では地味婚であっても、個々のニーズに合わせてブライダルをプロデュースするようになり、式場側が用意するサービスよりも、独自性のあるこだわり婚が流行っています。
しかし、少子高齢化であったり、ナシ婚層の増加によって婚礼の件数は減少しています。
今後の結婚式は、ニーズの細分化が予想されます。
従来のホテルやゲストハウスのプランではなく、個性的な要望が増えていくなかで、ますます競争は激化していくでしょう。
現場での負担は重くなりそうですが、ニーズに応えたプランを提供できることが必要です。
ブライダルに関するお仕事の種類は多岐にわたります。
ウェディングプランナー・バンケットスタッフ・ヘアメイク・ドレスコーディネーター・フラワーコーディネーター・司会者・介添人など。
表の仕事から裏方の仕事まであり、それぞれ専門知識が必要ですが、それぞれが密接につながっていますので担当する仕事以外にも全体的な知識も必要となってきます。

結婚式のサポートスタッフ

礼儀やマナーを重視し、誰かのために何かをすることに喜びを感じることが出来る人や問題が発生しても笑顔を失わず、冷静に対処できる人が向いているのではないでしょうか。 新郎新婦やゲストの方が安心して結婚式を楽しんでもらうために、大変役割の大きな仕事です。

ブライダルに関わるさまざまな仕事

ブライダル業界のどの職種にも、プロフェッショナルとしての豊富な専門知識以外に接客スキルとしてコミュニケーション力や心配りが必要です。 結婚式のスタイルが多様化しているため、ニーズも幅広くなっているため、お客様の要望に常に柔軟に対応しなければなりません。

TOPへ戻る